忘年会シーズンに悶絶-クローン病 宴会161219

test

クローン病患者にとって厳しい季節。そう忘年会シーズンです。仕事柄なかなか避けれません。また本人も嫌いじゃないのでもっとタチが悪いです。真剣に回避しようと思えばきっと出来ると思いますが、ついつい出向いてしまっています。


刺身の盛り合わせ


このような刺身系は確かにお腹を冷やしますし、消化も良くないことが多いのであまり良くないとも言われますが、クローン病の炎症が悪化するようなことはない!と思っています。

タコやイカのお刺身を丸呑み状態で食べてしまうと狭窄のあるクローン病患者は詰まる危険がありますが、よく噛んで食べると意外と大丈夫です。(でもついついお酒で流し込んでしまうんだな)


“忘年会シーズンに悶絶-クローン病 宴会161219″の続きを読む

東京→茨城→岩手へ冬の出張は辛い-クローン病 出張161218

test

お腹がイマイチと言いながら、オムレツならいいだろ!ってことで明太子オムライスを食べました。


明太子オムライス
クローン病患者らしくせめてプレーンのオムライスにしろ!ってところですよね。
でもここはあえて明太子オムライスです。

冬になると出張も厳しくなります。私は寒がりなので冬の早朝出張は憂鬱なのです。
年末も目前で色々と忙しいので単発で行っている時間はないので東京→茨城→岩手と北上して行って一週間で全て終わらせよう!と言う作戦に出ました。


“東京→茨城→岩手へ冬の出張は辛い-クローン病 出張161218″の続きを読む

淡路島と理化学研究所へ行って来た。-クローン病 日常161211

test

ちょっと前ですが淡路島へ行ってきました。もちろん遊びではなく淡路島にあるとある工場の視察と兵庫県内にある大学の視察です。大阪からのであまり遠くはないのです。貸切バスでの移動なので座っていれば勝手に連れて行ってくれます。
クローン病もあまり大騒していないので比較的穏やかな日でした。下痢状態でバス移動は辛いですからね。
※今回のバスは幸いトイレが完備されていたので有事には対応出来ましたが。


淡路島サービスエリア


淡路島コーヒー
淡路島コーヒー

淡路島のサービスエリアで昼食だったので、昼食後に淡路島コーヒーを飲んだ。飲んでしばらくしてトイレへGo!やはりコーヒーはお腹にダメなのですかね。おそらくクローン病がどうのこうの言うより、もともとの体質でしょうね。現にコーヒーを飲んでも全然平気なクローン病患者の人も多いですしね。


“淡路島と理化学研究所へ行って来た。-クローン病 日常161211″の続きを読む

明日から北国に向かうわけですが。-クローン病 調子イマイチ161127

test

お久しぶりです。「投稿がないのは元気な証拠」と言いますが、実はここ最近は調子が良くないです。
クローン病の症状に少し悩まされる日々です。何となくお腹は詰まり気味だったり、シクシクと痛んだりと。
11月02日にレミケードをしたのですが、通常は2週間もすればそこそこ安定して快適な日々になるのですが、あまり快適にならないのですよね。

馬喰町駅あたり
馬喰町駅あたり

先月も何となく痛いお腹を抱えながら東京の朝の街を歩いていました。明日から東京、茨城、東北と渡り歩きます。ひたすら新幹線で北上して飛行機で大阪へ週末に帰ってくる予定です。もちろんお腹のコンディションはイマイチ!でも何とか乗り切って来ます。


“明日から北国に向かうわけですが。-クローン病 調子イマイチ161127″の続きを読む

レミケード53回目、倍量投与34回目-インフュージョンクリニック161102

test

なんか更新間隔が非常にあいて来ました。ネタがないのではなくて時間がない。
生産拠点の再編統合やそれにまつわる設備投資の整備とかここ一年大変でした。よく新聞紙上でもどこそこの会社の生産拠点を統合とかありますが、あれは本当に大変です。要は生産関する4M(人、機械設備、材料、方法)が全て統合されるのです。
まだハード面は何とかなりますが、業務プロセスが違うのでこの統合が本当に大変です。それと数百人が入り混じるわけですから「あんた誰?」状態です。まぁ何とか乗り切っています。でも顔と名前が一致しません。これは歳のせいでもあるな。

と言うことで11月02日はインフュージョンクリニックへ行ってレミケード53回目、倍量投与34回目と診察をして来ました。
CRPは0.1と基準内、肝臓系の数値も基準内でした。でもここ数日間は微妙にお腹が痛くて、「これはレミケードが切れてきっと炎症が激しくなっているな?」と思っていましたがCRPは高くはなかったです。

とは言え炎症の度合いが全てCRPで語れるわけではありませんので高いからヤバい、低いから安心とは一概には言えません。
やはり「痛い」と言う症状が出ているわけですから、何かが起こっているわけですね。


“レミケード53回目、倍量投与34回目-インフュージョンクリニック161102″の続きを読む

レミケード52回目、倍量投与33回目-インフュージョンクリニック160906

test

09月06日にレミケード52回目、倍量投与33回目と診察を受けてきたのですが、投稿するの忘れていました。
クローン病の状態は大きな悪化もすることもなくなんとか持ちこたえているのですがどうも肝臓系の数値があまり良くない。というか微妙に悪い。今年の初めに高めだったASTやALTは正常範囲に入っていますが、そうコレステロール値が低かったり、Che(コリンエステラーゼ)も低かったり、これは肝機能の低下っていうことなのかな?これが低いと劇症肝炎や肝硬変らしい。でもASTやALTは正常範囲だもな。なんだろうね。よくわからん。

CRPは0.3でギリギリセーフと言ったところか。でもここ半年間はギリギリセーフとギリギリアウトを繰り返しているな。レミケードで炎症がうまく抑えきれなくなって来ているのだろうか?、でもここ一ヶ月は腹痛で唸って眠ることもなくやって来れています。(あまり変なもの食べていないからかも知れませんが)


“レミケード52回目、倍量投与33回目-インフュージョンクリニック160906″の続きを読む

はも料理とか王将のラーメンとか-クローン病 外食160814

test

08月13日は会社関係の方と鱧(はも)料理を食べに行きました。



暑いお盆の暑気払いというところですか。私がお腹がイマイチな人と理解してくれているので、脂っこい料理というよりはも料理を準備してくれた。この店ではいつもはふぐ料理なのですが、あえて鱧を料理してもらいました。



はも料理のコースですが、なかなかの絶品の美味です。関東の方はあまり馴染みが薄いかも知れませんが、関西ははもが好きな人が多いです。勝手にクローン病のお腹にも優しいはも料理と思っています。


北陸旅行で少しお腹の調子が悪くなっていましたが、なんとか食べれました。
まぁ話しながら少しお酒でも飲んでゆっくりと食事です。量も多くないので乗り切れたな。
お腹の調子はどうであれ、はも料理は格別だったよ。絶好調の時にまた食べたい。


“はも料理とか王将のラーメンとか-クローン病 外食160814″の続きを読む

黒部ダムと立山連峰を見る。-クローン病 北陸旅行160812

test

08月12日は午前5時起きでホテルを出て黒部ダムへ向かいます。
富山駅から目指すのですがこれがなかなかと大変。


早朝の富山電鉄の富山駅。早朝にもかかわらず、立山駅へ目指す人がそこそこいます。



お腹は昨夜に大建中湯プラスロキソニンが効いたようであまり痛くない!やった!
でも念のために朝ごはんは食べない。
これがクローン病患者の試練である。
旅行も出張も「食」がどうしてもついてまわるので辛いですね。「食」を削れば楽しさも半減ですが、そこは「旅行にでも行ければラッキー」と割り切りましょう。

立山駅に着く

無事に立山駅に着いたのですが、なんと一発目のケーブカーに乗るのに2時間待ちである。さすがお盆。
富山駅から黒部ダムへ行くのはなかなかと道のりが過酷です。
まず富山駅から立山駅まで富山電鉄。そして立山駅から美女平駅まで立山ケーブルカー、美女平駅から室堂まで高原バス、室堂から大観峰まで立山トンネルトロリーバス、大観峰から黒部平駅まで立山ロープウェイ、黒部平駅から黒部湖まで黒部ケーブルカーと乗り継いで行く。往復で約12,000円程度かかります。





“黒部ダムと立山連峰を見る。-クローン病 北陸旅行160812″の続きを読む

世界遺産の白川郷へ行く。-クローン病 北陸旅行160811

test

高山市から白川郷へ東海北陸自動車道で行こうと思ったけど、岐阜県の山林の町並みも見たいので下の道で白川郷へ向かう。

飛騨牛まんのダメージでお腹になんとなく詰まったような痛みです。
※飛騨牛まんが悪いのではなくて私のクローン病が悪いのです。
決して飛騨牛まんをディスっているわけではありませんので。



白川郷へ入るとおなじみの合掌造りの家々が見えて来ました。なんともいい感じです。

それにしても暑い!

高山市も白川郷も観光客の三分の一は海外の方じゃないのか?と思うほど海外の方が多いです。

景色素晴らしい

さすが世界遺産だけありますね。もちろん緑の夏の景色もよろしいですが、是非とも冬景色も見たいものです。



でも冬の白川郷は寒いだろうな?と言うより大阪の人間なのでそもそも雪の中に運転してくる自信がない。


“世界遺産の白川郷へ行く。-クローン病 北陸旅行160811″の続きを読む

高山の古い町並みへ行く-飛騨牛まんに負ける-クローン病 北陸旅行160811

test

今回のお盆休みは北陸方面(富山県)に行くことにした。お仕事ではよく行っている地域ではあるのですが、いつも高山や白川郷や黒部ダムの看板は見ることはあっても実物をゆっくりと見たことがないので、個人的に行った。

大阪から名神高速で名古屋へ向かってそこから東海北陸自動車で高山と白川郷へ寄って富山県へ向かう計画。

朝5時に起きて家内と娘を乗せてGO!
※長男は東京へ遊びに行ってしまった。



颯爽と大阪を出たものの車で行くと遠いね。いつもはサンダーバードに乗ってゆったりですが。
距離も名古屋経由だと500km弱か。ほぼ東京へ行くのと変わらんな。

休憩しもって行ってたら高山についた

私はパーキングエリアとかが大好きで要所要所で休憩しながら進んでいけば程よい時間に高山市に着いた。



丁度、市営駐車場が空いていたのそこに車を停めて高山の古い町並みを散策する。


“高山の古い町並みへ行く-飛騨牛まんに負ける-クローン病 北陸旅行160811″の続きを読む

脂肪分の多い食事は大腸炎症が起こる-クローン病 記事160816

test

暑いですね。もう冷房なしでは生きていけない。
お盆中はほとんど食べない!食事制限をしているので不調さは少しづつマシになって来ています。
クローン病が悪化した時は食べないのがまずはの対策ですね。



と言いながらのわらび餅を食べたりしています。わらび餅だとクローン病の腸にも優しいだろうと思ったのですが思いのほか黒蜜たっぷりで「大丈夫か?」と心配しましたが、全く平気でした。

でもクソ暑い時にクソ甘いのはダメですね。喉に甘みが絡まる〜。


脂肪分の多い食事は大腸炎症が起こる

慶應義塾大学
高脂肪の食事を与えたマウスで大腸を詳しく調べると大腸の細胞が免疫細胞を集める「Ce12」と呼ぶタンパク質を出して、炎症を起こす物質が血液中で増えることがわかった。その物質が増えると大腸や肝臓でなどで炎症が起こって、血糖値が下がりにくくなった。
日経産業新聞から

この新聞記事はもともと糖尿病に関することです。


“脂肪分の多い食事は大腸炎症が起こる-クローン病 記事160816″の続きを読む

秋葉原稲田屋で蕎麦を食べる-クローン病 出張160802

test

お盆前に東京へ出張へ行っていました。お腹の調子はイマイチなのに。
最近はクローン病の調子がよろしくなくて、バッドコンディションで出張へ臨むのが多くなりました。



最近は下痢よりも詰まりかけのような痛さが多いです。小腸の炎症が悪化しているのかな?というのがなんとなくわかります。もちろん出張の移動中の下痢も辛いものがあります。下痢気味の時はトイレに最も近い通路側です。

下痢が激しい時はトイレ付近の通路にずっと立っていたこともありました。クローン病患者はそれなりに大変です。


“秋葉原稲田屋で蕎麦を食べる-クローン病 出張160802″の続きを読む