クローン病の目に出る合併症-問合121023

今日は問い合わせから。

ajariさん眼の異常の記事を拝見しました。私もクローン病患者で目の腸管外合併症が出ています。診断は「角膜潰瘍」と言われております。極度に角膜が濁ってしまい、濁って左目はよく見えません。治す方法は角膜移植と言われています。ajariさんも無理をせず早く眼科へ行かれることをお勧めします。

お便りありがとうございます。それとアドバイスありがとうございます。角膜潰瘍ですか。ちょっと調べてみよう。かくまくかいよう、ポチッ!どれどれ、ゲッ!怖い!なんか一刻も早く眼科へ行きたくなって来た。

角膜潰瘍とはどんな病気か

感染が原因であったり、自己免疫が自分の角膜を濁らせるらしい。重症な場合は、治ったあとも視力障害が残ります。場合によっては角膜穿孔(かくまくせんこう)といって、角膜に孔(あな)があいてしまうことがあり、失明に至るケースもまれにあります。だって。おい!なんかクローン病どころじゃなくなって来た。いや!クローン病も大変だ!でもホントにクローン病の合併症って洒落にならないのが多いですね。

治療は

主に細菌性と自己免疫性に別れていて、自己免疫性の場合は抗炎症薬を投与したり、角膜の上皮の治癒を促進するために眼軟膏を入れて眼帯をしたり、治療用のソフトコンタクトレンズを入れたりします。
これらの治療でどうしても治らない場合や、角膜穿孔を起こした場合は角膜移植を行う必要があります。また、うまく治った場合でも、角膜の中央に強い混濁が残って視力が不良の場合は、やはり角膜移植を行います。と言うなんとも厄介な合併症ですね。まずは眼医者だ眼医者!土曜日まで持つかな。

とりあえず。

角膜潰瘍と決まったわけではありませんし、クローン病の合併症で眼に出るのは他にもあります。ただ今回の私の目の不調は単なる疲れ目とかドライアイではないような気もしますので病院へ行こう。

クローン病と腰痛

クローン病の腰痛はロキソニンテープで乗り切る?




平和に体調を戻すために寝ていたのですが、今度は腰痛。そこそこ重く痛い。そうこういう時はロキソニンテープです。もちろん腰が痛い原因を治すものではありません。ずっと寝ていて痛いのか?はたまたクローン病(腸)の悪化が原因で痛いのか?。大腸や小腸下部に炎症があると腰痛として出る人がいます。私は過去クローン病による腸の炎症の悪化度と腰痛が比例していたこともありました。クローン病が落ちついたら腰痛も落ち着くと言うような感じです。とりあえず今回も何が原因かはわかりませんが、とりあえずロキソニンテープを貼ってごまかしてしまえ。

クローン病からの腰痛

腰痛と一口に言ってもそれがクローン病からくる腰痛なのか?他の要因から出てくる腰痛なのか?はよく解らないことは多いです。またレミケードの副作用で腰から股関節やひざに痛みが出ることもありますので、さらに複雑です。


“クローン病と腰痛”の続きを読む

クローン病に関連した腰痛かな?-体記110929

腰が痛いのですけど。そこそこジワーッと痛いです。それがどちらかと言うと左側のほうが痛みが強いので腸と関連しているのかな?とか思ったりしています。大腸が悪い人間は尾てい骨の上あたりの全体がジワーッと重くて怠い痛みになることが多いようです。私もどちらかと言うと動きと連動して痛さが増すわけでもなく、横になっていても突然に痛くなるのでやはり腸が関係しているのでしょう。


“クローン病に関連した腰痛かな?-体記110929″の続きを読む

蕁麻疹消える-体記110909

09月05日レミケードを投与した夜から、散々騒いでいた蕁麻疹が忽然と消えました。そう綺麗さっぱりです。せっかく張り切ってネオマレルミンTR錠6mgとアレジオンを処方してもらったのですが飲まなくても平気になっています。あれだけ痒かった体中がほとんど痒くありません。夜も熟睡です。こうやってレミケード依存症の体が出来上がっていくのであった。


“蕁麻疹消える-体記110909″の続きを読む

関節痛で膝が痛いです。-体記110831

関節痛で膝がじんわり痛い。ロキソニンテープかミルタックスパップどちらを貼ろうか思案中。雰囲気的はロキソニンテープの方がパワーがあるのかな?それにしても次から次へと痛い所とか痒い所が増加するぞ。今回の関節痛はなんだ?レミケードが切れかかると膝関節や股関節が激しく痛む人がいますが、私はあまり関連しません。おそらく純粋にクローン病の合併症だろうな。まぁ歩けない程に痛いわけでもないのでヨシとしておこう。


“関節痛で膝が痛いです。-体記110831″の続きを読む

クローン病と脂肪肝

2011年08月17日にエレンタールと脂肪肝の記事を投稿したのですが意外にもtwitter経由やお問い合わせ等で反響がありました。
クローン病で脂肪肝って言われている人は結構いるんだなって思いました。そう実はクローン病で脂肪肝ってのはエレンタールの速飲みだけが原因ではなくてそもそもクローン病患者には脂肪肝になる要因が多いのです。その背景に中途半端な「絶食」があります。これも私の経験から医師か栄養士か忘れましたが指導されたことです。

ここでご注意ですがこれはあくまでも私の経験によるものす。もちろん医師や看護師、栄養士から指導されたことですが、ほんの一例として参考程度にお願いします。


“クローン病と脂肪肝”の続きを読む

蕁麻疹と闘う-体記110817

朝起きたら少し蕁麻疹はマシになっていた。ナイスステロイド!って喜んでいる場合ではありません。薬の効力が切れたのか?昼過ぎからまた増殖して来た。一体何に反応しているんだ?写真の綺麗なブルーの薬はアンテベート軟膏とアズノール軟膏の混合です。アンテベート軟膏はステロイド軟膏の中ではVery Strong(かなり強い)(II群)に分類されています。本当は蕁麻疹ではステロイド軟膏は使わずに抗アレルギー剤を飲むことが多いですが、私は炎症性の何かでまったくそれらが効かないのでステロイドのお世話になっています。要は成人性のアトピー、尋常性乾癬、膿胞性乾癬が埋もれているからです。もちろんクローン病の合併症の可能性も捨てきれないです。皮膚科も「わかんね」状態です。


“蕁麻疹と闘う-体記110817″の続きを読む

体中が痒い-体記110809

体中が痒い。レミケードの影響なのかクローン病の合併症なのかはたまたまったくそれらに関係がない次元で起こっているのかはわからない、でも体中が痒い。特に膝から下あたり気になる。皮膚に変化があったり何かがあればそこにステロイドの軟膏でも塗りたくってやるのだがイマイチどこが痒さの原発かわからない。とりあず手当たり次第に掻いてしまえ!と言うノリになっています。


“体中が痒い-体記110809″の続きを読む

掌蹠膿胞症の掌の部分は治った-体記110703

掌蹠膿胞症の掌の部分は完全に治ったようです。現在ステロイド軟膏離脱中です。ビオチンも頑張って飲んでいますが、やはりレミケード投与で治まるようです。もちろんレミケード投与の本来の目的はクローン病です。クローン病の影響で掌蹠膿胞症になったのか?レミケードで何かがこじれてレミケードが切れたら掌蹠膿胞症になっちゃうのかわかりません。


“掌蹠膿胞症の掌の部分は治った-体記110703″の続きを読む

腰と坐骨の痛みが取れない-体記110627

腰のあたりと坐骨のあたりの痛みが治らない。ジワーッと痛いと言うか。動作に関連なく違和感や痛みがあるので恐らく内臓からだと思います。やはり腸管かな。クローン病独特の腰痛ってあるのですよ。そして一旦、こじれるとそこそこ長い間、苦しむことになります。座っていてもじわじわ痛い、寝ていてもなんとなく違和感です。


“腰と坐骨の痛みが取れない-体記110627″の続きを読む