目の違和感で眼科医へ行きました。クローン病 眼科

目がおかしい!痛い!確かに痛い!特に右目がおかしいし赤い。目の奥が痛い。
クローン病の腸管外合併症に目に出る合併症があります。特に虹彩炎やぶどう膜炎が言われています。また強膜炎等々、クローン病は時に目へのトラブルも出ます。クローン病は消化管の病気ではなくて全身の病気だって言うのがよくわかりますね。


中井クリニック 東大阪市


この目の痛み。きっとクローン病の合併症に違いない!ってことで、勤務先の近くに眼科へ行った。眼科では自分がクローン病患者であること。そして虹彩炎やぶどう膜炎がクローン病の合併症であるので心配してることを伝えた。


“目の違和感で眼科医へ行きました。クローン病 眼科” の続きを読む

ゼンタコート-クローン病の治療薬

クローン病の治療薬ゼンタコートのお話


ぜンタコート


昨年にゼリア新薬工業株式会社からクローン病治療剤としてゼンタコートが出たわけですが。
これは副作用が少ないステロイド剤と言われています。
主成分はブデソニドです。レミケードやヒュミラなどの生物製剤が出回る前までのクローン病の治療は
1に絶食エレンタール、2にペンタサ、3、4がなくて、5にステロイドでした。
クローン病の病状を抑えるにはまずは絶食してエレンタールで過ごして、それでもダメなら、入院してプレドニンのステロイド飲んでごまかして、どうにかこうにか乗り切って来たわけです。やはり当時からプレドニン(ステロイド)は効果があって、長期の出張になると飲んでいました。飲んでいるとその間だけは無敵です。でも残念ながらプレドニン(ステロイド)は効果の反面、副作用が多くてそれが課題です。


“ゼンタコート-クローン病の治療薬” の続きを読む

変異ノロウィルスの恐怖か。-クローン病 ノロ170129

毎年恒例のノロウィルスですが、今年は特に猛威を振るっているようです。
ノロウィルスは感染を予防するワクチンはないし、ウィルスを殺す薬もない。とは言え、感染したからと言って死の危険は少ない。激しい吐き気や下痢や発熱が3日程度続くのが症状。同じ激しい吐き気ならクローン病の腸閉塞の方がじゅうぶん辛いぞ。

クローン病再燃の引き金

しかしクローン病患者にとってはノロウィルスは再燃の引き金になることもあるし、ノロウィルス感染をきっかけにクローン病が悪化することもある。できることなら感染は避けたいところです。
“変異ノロウィルスの恐怖か。-クローン病 ノロ170129” の続きを読む

ハクキンカイロは暖かいぞ-下痢冷えアイテム170103

みなさんお正月はいかがお過ごしでしょうか?
私は01日下痢になって少し崩しましたが、なんとか持ちこたえております。


下痢で冷えが辛い時はやはりハクキンカイロですね。


ハクキンカイロ


これは2013年の終わり頃に買ったのですが、壊れることなく現役です。お腹のところに入れていたら熱いくらいに温まります。またすぐに暖かくなりますので、冬の寒いトイレの中でも大活躍。


ハクキンカイロベンジン
ハクキンカイロの燃料はベンジンなのですが、これを入れるのが少し面倒くさいのとやはりベンジンの匂いが気になるところが難点ですね。石油ストーブみたいなものですね。これを「冬の香り」と割り切れる人はよろしいですが、嫌な人はお勧めしません。普通に行動している場合は匂いはあまり気になりませんが、ハクキンカイロを抱いて布団に入るとそこそこ匂いがします。とは言えやはり、ハクキンカイロの火力は魅力的で使い捨てカイロの温かさに不足感を感じている人は一度お試しください。


あ!それとハクキンカイロを持って飛行機には乗れませんので、ご注意を!私は東北地方へ出張へ行くのに一度もハクキンカイロを持っていけないのが残念です。


“ハクキンカイロは暖かいぞ-下痢冷えアイテム170103” の続きを読む

正月早々派手な下痢-超下痢170101

改めまして新年あけましておめでとうございます。

今年は年始早々に下痢です。新年はトイレからスタート!
クローン病患者らしくていいや。


たぶん、犯人は12月30日に食べた王将ランチですね。なかなか強敵ですね。


大阪王将-王将セット


おまけに足が冷えて余計に下痢を助長します。お尻も痛い!
でも詰まって悶絶するよりはいいか。今日は10回はトイレに行きましたね。ようやくこの時間(23時)になって落ち着いて来ました。


“正月早々派手な下痢-超下痢170101” の続きを読む

2016年の総括-今年もお世話になりました-161231

今年も残すところあとわずかになりました。
昨日12月30日はコメダ珈琲店へ出かけて、少しコーヒーブレイクしていました。




王将

大阪王将


夕食は大阪王将です。軽くしておくつもりが


大阪王将-王将セット


王将セットを食べました!。ラーメン、チャーハン(小)、餃子です。完食しました。お腹が重たいです。おまけに喉が渇きまくりです。でも久しぶりに食べる王将のセットは美味しかった。とりあえず満足。


“2016年の総括-今年もお世話になりました-161231” の続きを読む

年末年始の休日-クローン病 休日161230

12月29日から1月04日まで年末年始の休暇です。既に休暇2日目ですがダラダラと過ごしております。
12月27日にレミケードも受けてお腹も平和です。今の所は穏やかな休日を過ごせています。


イメージ冬


昨夜はうどんすきです。うどんすきはクローン病患者にとっては量も自分のペースで食べれるのでありがたいメニューです。


うどんすき


鶏とか餅かも入れてそれなりに満足感です。もちろん家族も一緒に食べますので、えのき茸とかそれなりに危険な食事も埋もれています。それを避けながら食べるわけですね。えのき茸はクローン病患者の狭窄には詰まりやすい食材で。細長くてうまく噛めないのと長い繊維が狭窄部にひも状に詰まるのでしょうね。


“年末年始の休日-クローン病 休日161230” の続きを読む

レミケード54回目、倍量投与35回目-インフュージョンクリニック161227

昨日(12月27日)はレミケード54回目、倍量投与35回目ということでインフュージョンクリニックへ行って来ました。
お腹がイマイチイマイチ!と騒いでいた割にはCRPの数値は今年最良の0.0です。


素材集インテリアチェア


おそらくこの調子に悪さは小腸やどこかの炎症からというよりか、狭窄が悪化して詰まりかけているのか?何かの理由で腸の動きがおかしかったりしているのでしょう。この一筋縄で行かないのがクローン病ですね。さすが難病です。

レミケードする前にいつものリンデロン(ステロイド)の点滴ですが、これがまず効くんですね。リンデロン点滴が終わってレミケードに点滴が変わる頃にはお腹のモヤモヤ感も薄れていくのがわかります。

ということは血液検査でCRP0.0だ!と言っても腸には炎症があるのでしょうね。ほんとクローン病はややこしい。


“レミケード54回目、倍量投与35回目-インフュージョンクリニック161227” の続きを読む

メリークリスマスみなさん-クローン病 聖夜161224

みなさまメーリークリスマスということでいかがお過ごしでしょうか?


メリークリスマス2016
奇跡の絶好調の人もいれば、お腹が痛いクリスマスや、病院のベッドでのクリスマスとか、何となく入院仲間とデイルームで過ごすクリスマスとか。(私も過去、クリスマスを病院で過ごしたことがあります)
まぁ辛い状況の人も時が流れて振り返れば「いやぁ〜あの時はひどい目にあったな!」って懐かしみ笑える日が来ます。
なんか歳を重ねると、そんな若い頃の辛かった時期でさえ掛け替えのない時間だったと思えます。


メリークリスマス2016



“メリークリスマスみなさん-クローン病 聖夜161224” の続きを読む

レミケードが売上高4位か。-クローン病 バイオ薬の製造161223

世間はクリスマスモードですね。どこもかしこも脳天気な音楽が鳴っています。私もこの歳末の雰囲気が大好きです。
ただレミケードも直前でお腹の調子もイマイチなのですよね。下痢気味だし体もだるいし。3連休でよかったよ。


くら寿司
ということで今日は回転寿司のくらへ行ってきました。回転寿司はクローン病の味方ですね。食べたいものだけを取ればいいし、量も全て自分のペース。と言いながらもあれこれと食べ過ぎてしまうのが良くないのですけどね。

と言うことで今日は世界のバイオ薬の製造についてのお話です。
“レミケードが売上高4位か。-クローン病 バイオ薬の製造161223” の続きを読む

便移植と抗生物質の併用ね。-潰瘍性大腸炎 治療法161220

冬の出張はヤダ!って言っているのに、いきなり東京へ行くことになった。強引に日帰りなのですが、その分、早起きして行きました。おまけに朝から下痢。だから寒いのはヤダ!って言っているのに。
バス停近くのローソンでバスが来るまでの数分間トイレへ!非常に中途半端な感じでバスに乗って南海電車の駅でトイレへ。ここは約10分足らずのインターバルですが何とかしっかりと出て電車に飛び乗る。無事に新大阪へ


新大阪駅


新大阪駅でも新幹線内でも下痢になることもなく助かった。


新幹線から富士山
富士山が綺麗に見えていました。


ちょっとだけ動画を撮ってみた。(新幹線の走行音と知らないおばさんの声が入っています。)




今日は便移植のお話です。便移植は潰瘍性大腸炎の患者に効果が期待されている治療法です。便移植は以前から話題になったり消えたりしていましたが、どうやら抗生物質との併用でさらなる効果が期待出来るようです。


“便移植と抗生物質の併用ね。-潰瘍性大腸炎 治療法161220” の続きを読む