レミケード後は安定しないですね-クローン病 体調記録140608

05月29日にレミケード38回目、倍量投与19回目を受けて来たわけですが、どうもレミケードを投与して1週間あたりは不安定です。

過去の経験側からレミケードを投与して1週間あたりは調子が悪くなることが多かったので食事面でも慎重にしています。しかし06月14日(水)の午前3時頃かな?「お腹が痛い夢を見ました」で目が覚めたら本当にお腹が痛かった。

そうあのイレウスのような痛さ。

とりあえず「痛い!」と我慢しながら朝を待っていました。午前4時少し吐き気がしたのでトイレで吐きました。吐いたら少しだけマシになったのと睡魔も手伝って眠ってしまいました。でも午前6時頃また痛くなってきた。



根性で会社へ行く

本当は「休んでやろう!」と思ったのですが、その日は大事なお客様が朝からご来社する予定なので、痛いお腹を抱えながら泣く泣く会社へ行く。マジコレハイタイと思いながら出社。出社して間もなく強烈な吐き気に襲われる。もちろん速攻トイレで吐く。お腹の痛みは少しマシになった。それでもまだ痛い。とりあえず来客が終ったらお家へ帰って寝よう!

激しい下痢

そして吐いて(吐くと言っても水分だけでしたが)戻る途中、強烈な便意に襲われる。一瞬で漏らしてしまうような便意です。すぐさまトイレへ行くと大量の下痢でした。

腹痛マシになる

下痢が終ってトイレから出た瞬間です。「ん?!」お腹が軽い!痛みがかなり和らいでいる。「ああ、やはり何かが詰まっていて腸の通りが悪かったんだな」。結局、痛みはかなり遠のいたのでそのまま普通に会社に居ました。
でもそれにしても最近はこのパターンが多いな。今まではイレウスになるとそこそこ時間苦しんでいましたが最近は痛んで数時間後に吐いて下痢でマシになるパターンばかりです。そして昨日(06/08)あたりまでお腹が響いて痛かった。

困った狭窄ですね

まぁこれは狭窄が原因でしょうね。微妙な感じで苦しめられています。「じゃ手術すれば?」ですが、これがまた手術を決意する程は困らされていないのが中途半端ですね。とりあえず手術は怖いのでもう少し様子見です。

最終更新日: 2014年6月9日 all1,221hits.weekly8hits.


ブログランキング参加しています。

ブログランキングでは同じクローン病と闘っている方のブログがたくさんあります。是非ともお立ち寄りください
日本ブログ村へ投票 人気ブログランキングへ投票

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*