特定疾患医療受給者証が届きました-クローン病 特定疾患医療受給者証130922


特定疾患医療受給者証(クローン病)-時事戯言!炎症性腸疾患(クローン病)今年のクローン病の特定疾患医療受給者証の更新も無事に完了して特定疾患医療受給者証が届きました。この医療受給者証のおかげで高い高いレミケードが月額自己負担限度額5,770円で受けれます。特に私は生計中心者なので5,770円です。有難い話です。

国の財源見直しで

国の財源見直しで医療も見直しがあるでしょう。医療費の支払いが高額になった場合、上限を設けて自己負担額を軽減する「高額療養費制度」について仕組みを見直す方針を示しています。それによると、70歳未満の高所得者(会社員の夫と妻、子供1人のモデル世帯で年収約790万円以上)の負担上限額(月額約15万円)を引き上げるほか、年収約210万~790万円の一般所得者(負担上限は約8万円)も細かく分けて、所得に応じた負担を徹底させる。つまり、「これからは、高所得者にはどんどん負担を求めるぞ」ということです。

特定疾患医療受給者証(医療費の助成)も

となるといずれは、特定疾患医療受給者証(医療費の助成)も遠くない未来に見直されるでしょう。現にクローン病等の難病患者であっても「そこそこ年収を稼げるのあれば頂きましょう!」となるでしょう。もちろん正当な論理だと思いますので文句は言うつもりはありません。

今後の動向を

今後の動向を見極めたいものですね。でも今の日本の財政赤字や消費税率の引き上げ等の動向を見ていれば特定疾患医療受給者証(医療費の助成)も時間の問題ですね。まいったな。


最終更新日: 2013年9月22日 all1,989hits.weekly9hits.


ブログランキング参加しています。

ブログランキングでは同じクローン病と闘っている方のブログがたくさんあります。是非ともお立ち寄りください

日本ブログ村へ投票 人気ブログランキングへ投票

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパムを防ぐため画像の通りに入力して下さい。