サラゾピリンが「がん」に効く-がん治療情報130325


がんの再発や転移の原因とされる「がん幹細胞」を狙い撃ちする臨床研究が4月上旬、国立がん研究センター東病院(千葉県)で始まる。がん細胞を標的にする治療の臨床研究は国内で初めて。手術で取りきれないがんでも根治出来る治療法につながる可能性がある。
胃がんの幹細胞の表面にある特徴的なたんぱく質CD44vの働きを抑えると活性酸素の攻撃に弱くなることを発見した。
[朝日新聞 2013/03/25]

たんぱく質CD44vの働きを抑えるのが、なんと潰瘍性大腸炎の治療薬である「サラゾピリン」に含まれる「スルファサラジン」である。サラゾピリンは1996年にペンタサの登場とともに影をひそめていきました。でも1995年以前は潰瘍性大腸炎と言えばサラゾピリンだったわけです。じゃペンタサでもがんに効くか?と言えばペンタサはメサラジンなのでスルファサラジンではないので違いますね。

臨床研究

まず末期の胃がん患者も1日4回、最低2週間スルファサラジンを飲んで安全性と有効性を調べるとのこと。
がんの大元を攻撃する治療は、従来の治療を超える効果が出る可能性がある」とのことです。

でもペンタサも

そういえば。先ほどはペンタサ(メサラジン)は関係のない話と言いましたが、真偽はともかくペンタサも大腸がんを抑える働きがあると言われたこともあります。もしかしてこのての薬には何かあるのかな?、私は今はペンタサを飲んでいませんがまた始めようか。とつい思ってしまいました。


最終更新日: 2013年3月25日 all7,773hits.weekly5hits.


ブログランキング参加しています。

ブログランキングでは同じクローン病と闘っている方のブログがたくさんあります。是非ともお立ち寄りください

日本ブログ村へ投票 人気ブログランキングへ投票

“サラゾピリンが「がん」に効く-がん治療情報130325” への2件の返信

  1. 妻は典型的なクローン病 それでも 25年前長い検査診察の後医師も本人も病気ではないと言ったが 私の抗議で発見 結局重症でした。
    13年前にある人から クローンとトランス脂肪酸が関係があるようだと言う話を聞き調べたところ 私の経験からピンときて トランス脂肪酸の排除に生活を変更。 当初は言うことを聞きませんでしたがしだいにやるようになり 徐々に寛解。 
    症状は収まってきたのですが 小腸をかなり切除しているので栄養が吸収できず 死のギリギリのところでストーマの手術ができ 現在栄養摂取以外は元気に生きています。
    私の考えはトランスオイルは体に取り込まれ 全身の細胞膜の形成に使われ異常な細胞を作るために 個々の弱い部分に何らかの症状が現れると考えています。
    すべての疾病の要因になっていると考えられ 私のひどい花粉症も治りました。

  2. 雲隠れ才蔵san

    トランス脂肪酸ですね。これは私もよく理解しています。
    スナック菓子を食べると調子が悪くなりますし、ファーストフード類もイマイチです。
    またショートニングを含むものも調子を崩しやすいです。

    ただそればかりではないようでエレンタールのみ生活している。トランス脂肪酸とは無縁な人も悪化するケースもあるようです。全てのクローン病患者に当てはまらないのが難病たる所以ですね。
    でもやはり身体に良くないものは避けたいものですね。

    ajari

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパムを防ぐため画像の通りに入力して下さい。