兵庫医科大学病院へクローン病同朋の見舞いに行く-同志130127


兵庫医科大学病院-クローン病6年前にクローン病が確定した人が検査や状況の判定のために兵庫医科大学病院へ入院しているとのことで、お見舞いがてらにお会いして来ました。その方は小腸膀胱瘻が起因する気尿からクローン病が発覚して庫医科大学病院で手術、そして術後に早い段階でレミケードを開始してしばらくは下痢等はあるものの安定していたようですが、最近になって痔瘻(じろう)が合併しました。レミケード前からの痔瘻(じろう)ではなくレミケードでコントロール中に新たに合併症として、痔瘻(じろう)となりました。そういった話も興味深々でお話を聞いてきました。今回は小腸カプセル等検査一式するとのことです。


COFFE甲子苑彼女がクローン病と確定した時に兵庫医科大学病院に入院前の診察にやって来た2007年の夏過ぎにここでお話ました。ここは「甲子苑」と言う喫茶店で昭和の雰囲気をかたくなに守っております。ららぽーと甲子園の隣でかたくなに営業しておられます。6年の時を経て同じ場所でお話をしました。なんか話の内容が6年前と比べて大して成長していませんでしたが(笑)。

おまけに私がトイレへ行っている間に彼女が精算してしまってご馳走になってしまいました。ご馳走様。終始クローン病ネタや病院ネタで盛り上がったわけです。このように同病者とお話するのは時間が経つものが早いもので気が付いたらあたりは暗かった。

妖怪饅頭

妖怪饅頭ご家族とどうぞ!とお土産に「妖怪饅頭」を持たせてくれた。彼女は鳥取の方なので境港名物の「妖怪饅頭」ってわけでな。ホント何から何まで申し訳ないっす。なんかお見舞いに行ったのに、逆に色々と気遣ってもらって。おじさん面目ない!


妖怪饅頭カスタードもらった妖怪饅頭のカスタード。ミックスをくれたのでその他にチョコレート、こしあん、バナナカスタードがありました。昨日からなんとなくお腹の調子がイマイチになっておりますので全力で食べたらお腹が痛くなりそうなのでチビチビ味わって食べます。


最終更新日: 2013年1月27日 all1,593hits.weekly6hits.


ブログランキング参加しています。

ブログランキングでは同じクローン病と闘っている方のブログがたくさんあります。是非ともお立ち寄りください

日本ブログ村へ投票 人気ブログランキングへ投票

“兵庫医科大学病院へクローン病同朋の見舞いに行く-同志130127” への4件の返信

  1. レミケード治療を受けていたのに痔ろうになったと聞き、ショックです(・_・;)私も合併症で何年も前に痔ろうの手術をしたのですが、突然土曜日からお尻が痛くなってきました。ステロイドも免疫抑制剤も飲み、さらにレミケード治療も受けているのに。明日、病院へ行く予定ですが、肛門専門病院へ行ったら良いのか、大腸肛門科がある外科へ行ったらいいのか悩んでいます。って言うより、心が折れそうです。便器は血だらけだし・・・・

  2. ぷーさんはじめまして。
    私もレミケードしていても新たに痔瘻が出来るのか?と愕然として詳しく話を聞きたいのもあって、今回の方に会いに兵庫医科大学病院まで行きました。
    私もレミケードそしてイムラン。さらに調子が悪くなるとプレドニンです。それでもコントロールが出来なくてエレンタールだけの食事制限をしたりしています。さすがクローン病は難病と言われるだけありますね。色々なことが起こります。
    今回、お会いした方も昨年にシートン術をしてドレナージしておりましたが二か所目に出来たようで。
    大変そうです。でもなんとか強く乗り切っておられます。

    私も幾度となく心が折れそうと言うか行く先に不安を感じますが、その時にベストのことをしよう!となんとか乗り切っています。

  3. はじめまして。こんにちわ。私もクローン病なんですが、以前、クローン病患者は小腸カプセル式カメラの検査はできないと医師に言われたことがあるのですが・・・・。できるのですね?

  4. みなとさんはじめまして。

    小腸カプセル式カメラの検査はクローン病でもできるようになりました。
    まず、解けるカプセルで通過するか確認してから小腸カプセル式カメラで本検査です。
    医師にご相談してくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*