突然の腹痛と腸閉塞で緊急入院-入院7日目


流動食が始まる

急性腸炎(当時の診断)で腸閉塞になってあまりの痛さに入院。ようやく入院から1週間が経った。1週間もするとお腹の症状もほとんど消えている。でも血液検査の炎症数値(CRP)3程度あった。しかしお腹の動きもそこそこ改善して来たので、流動食から初めて見ましょう。流動食で2日間、様子を見て五分粥にして普通食に切り替えてそれでも何ともなければ退院ですね。となった。

流動食でも美味しい

7日間、水以外は口にしていないので、流動食と言えども美味しい。直ぐに食べ(飲み)終わってしまう。食べた後もこれと言って違和感はない。もしこの時点でクローン病って解っていたいたのならば、IVHだったのかな?それともエレンタールだったのかな?。もしかしたら大阪大学病院へ転院だったかも知れませんね。


痛くなく普通に眠れるありがたさ

入院も7日間を過ぎた頃、「そう言えば1週間前は本当に痛かったな」と思い返していた。どこも痛くなく普通に食べれて、普通に眠れる。普通のことの素晴らしさに少し気づいた時期でもありました。さらに心も穏やか(要は不安もない)と言うものさらに素晴らしい。少々、仕事がキツくても、贅沢な暮らしができなくても、どこも痛くない、普通に眠れる、これと言って不安もない。ことが続くことが素晴らしい。


最終更新日: 2017年1月8日 all659hits.weekly3hits.


ブログランキング参加しています。

ブログランキングでは同じクローン病と闘っている方のブログがたくさんあります。是非ともお立ち寄りください

日本ブログ村へ投票 人気ブログランキングへ投票

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパムを防ぐため画像の通りに入力して下さい。