突然の腹痛で苦しむ-クローン病腹痛120506


スーパームーンってことで記念に月の写真を撮影しておきました。200mm シャッター速度1/600 ISO感度200でも明るいですね。月、F値が暗い低性能望遠レンズでもそこそこ撮れました。で。明日から会社だと言うのに朝から腹痛ですよ。完全に詰まった感の痛さ。ずっと横になっていました。バーベキューでも食べずに我慢しても突然に腹痛が来るので割に合わない。狭窄持ちのクローン病患者の試練ですね。どうせこうなるんだったら肉を食べておきゃよかった。夜になって痛みの峠も超えたので気分転換。月を撮れるまで復活した。もちろん歩いたら響く程度に痛いけど。


とりあえず吐いた

とりあえず昼過ぎに吐いた。ずっと痛いお腹を抱えてiphoneとipadでネット三昧していた。こういう時にiphoneとipadは便利だ。もっとアクティヴな便利さを感じたいけどな。ホント入院時に持っていったら無敵なデバイスだと思う。吐いたら少しお腹の圧力も減圧されて痛みの波もマシになってきた。そして夜になって一応は腸の中のものは通過したのでしょう。さらにマシになりました。

もちろん絶食

もちろん絶食です。何も食べない。時折キーンとした痛みが襲ってきますが、痛みが襲ってくる間隔もだんだんあいて来た。明日はなんとか会社へ行けそうだ。やはり絶食最強ですね。

明日も絶食だな

ほんと毎度、連休の最終日は腹痛に悩むことが多い。精神的な出社拒否願望でもあるのか?、いやいや物理的な狭窄なんでそれはないな。これから解放されるには手術で狭窄部を取ってしまうしかないんだろうね。前回の手術から丸4年経った。クローン病の再手術率は5年で約30%と言われている。10年では70%と高い。レミケードでコントロールしていると言えども遅かれ早かれ再手術になる予感はしています。


最終更新日: 2013年1月20日 all708hits.weekly1hits.


ブログランキング参加しています。

ブログランキングでは同じクローン病と闘っている方のブログがたくさんあります。是非ともお立ち寄りください

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ 人気ブログランキングへ投票

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパムを防ぐため画像の通りに入力して下さい。