クローン病と腰痛

クローン病の腰痛はロキソニンテープで乗り切る?




平和に体調を戻すために寝ていたのですが、今度は腰痛。そこそこ重く痛い。そうこういう時はロキソニンテープです。もちろん腰が痛い原因を治すものではありません。ずっと寝ていて痛いのか?はたまたクローン病(腸)の悪化が原因で痛いのか?。大腸や小腸下部に炎症があると腰痛として出る人がいます。私は過去クローン病による腸の炎症の悪化度と腰痛が比例していたこともありました。クローン病が落ちついたら腰痛も落ち着くと言うような感じです。とりあえず今回も何が原因かはわかりませんが、とりあえずロキソニンテープを貼ってごまかしてしまえ。

クローン病からの腰痛

腰痛と一口に言ってもそれがクローン病からくる腰痛なのか?他の要因から出てくる腰痛なのか?はよく解らないことは多いです。またレミケードの副作用で腰から股関節やひざに痛みが出ることもありますので、さらに複雑です。


心配がない腰痛

  1. クローン病からくる腰痛は骨というより筋肉痛に近い、これはクローン病により腸の動きがおかしくなり筋肉のコリが腰に出るものです。ほとんどは左側の腰に出ることが多いようです。
  2. お腹がしょっちゅう痛いので変な姿勢で座っていて腰に負担をかけている。
  3. クローン病の人は右下腹部が痛くなることが多いので、お腹をかばうために変な体勢で歩いて結果的に腰に負担をかけている。
  4. 下痢が多くなり何度もトイレ行くので腰に負担がかかる

まぁこのあたりはロキソニンテーブでも貼って放置しておけば何とかなりそうですが

あかん腰痛

  1. 腸管が穿孔してお腹の後ろ側に膿瘍が出来ている
  2. クローン病の炎症があ強すぎて周りの腹膜や筋肉にも影響している

というような場合があります。腹痛とともに急な腰痛もあり発熱もある場合はクローン病の悪化を疑って主治医に相談するのもいいかもしれませんね。

ロキソニンテープ100mg

皮膚から浸透し、炎症を引きおこすプロスタグランジンの生合成を抑え、炎症に伴う腫れや痛みをやわらげます。と言うもの。クローン病の炎症によってお腹が痛いからとりあえず右下腹部に貼ってしまえ!って荒業はあまり効かなかった。まぁ本当に痛いときはバカなことでもしてでもその痛みから逃れたいって思うんですね。

添付文書から
(1)損傷皮膚及び粘膜に使用しないこと。
肛門が痛いからと言って貼ってはいけないですね。(考えたことはある)

(2)湿疹又は発疹の部位に使用しないこと。
あの私は発疹が無いところほうが少ないんですが。。。



もちろん頭痛にロキソニン~とか言ってこのロキソニンテープをおでこに貼っても頭痛は取れないと思いますけど。でもクローン病の合併症で肛門が痛いときは真剣に貼ってやろうか?と思ったことがある。


どちらにせよあまりにも長く続く腰痛はクローン病の合併症も疑って主治医に適切な指示を仰いでください。

最終更新日: 2017年2月5日 all2,485hits.weekly12hits.


ブログランキング参加しています。

ブログランキングでは同じクローン病と闘っている方のブログがたくさんあります。是非ともお立ち寄りください
日本ブログ村へ投票 人気ブログランキングへ投票

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*