昨日のコメントのお返事-ゆき120126


昨日の投稿がたまたまタイミングが良くて琴線に触れたようでコメントを頂けました。クローン病のことではありません、しょうもない戯言なんでクローン病ネタ希望な方は「戻る」を今すぐクリックme!。で次元は違えど「裏切り」について。私は絶食に裏切られただけで、彼は人に裏切られたようです。全然次元が違いますね。俺の方が苦しいよ(嘘)

まぁ人は順風満帆に近いときは夏の女神ごとく太陽に癒されているのですね。ココロノヤミなんて感じもしない。感じるとしても少しブルーになって日陰か曇りみたいなものでしょう。でもその沈まないと信じていた太陽が沈んでしまうことがあります。一気に闇です。闇の中に放り出されたと言った方がしっくりくるかも知れない。まぁ人に裏切られたり、耐え難い哀しみを背負った時は誰でもそうなる。


きらめく星たち

その時は、そっと心の闇を見渡す。今まであまりにも太陽が輝きすぎて見えなかった。古くからの友人とか、親とか兄弟とか子供とか自分のことを少しは気にかけてくれているヒト達とか。何もいなければペットの文鳥でもいい。そういった星々が輝き始めてやさしく語りかけてくれる。見えているようで見えていなかったものみんなそういうのに助けられて生きている。そしてあなたの心が折り合いをつけ再び太陽が昇り始めたら、そっと消えていく。だから闇のときこそ謙虚になれるチャンスなんだろうな。

若かりし頃

そういえば若かりし頃こんなことを言った覚えがある。「俺は君の太陽にはなれない」でも「太陽が沈んだら何よりも一に番現れる。そして闇の中では燦然と輝き、やがて太陽が昇り始めたら最後まで見守って消えていく金星みたいな存在になるよ」って。まぁ少し複雑なシチュエーションだったんですけどね。若いって素晴らしいな。


最終更新日: 2012年1月26日 all394hits.weekly2hits.


ブログランキング参加しています。

ブログランキングでは同じクローン病と闘っている方のブログがたくさんあります。是非ともお立ち寄りください

日本ブログ村へ投票 人気ブログランキングへ投票

“昨日のコメントのお返事-ゆき120126” への1件の返信

  1. ajariさん、こんばんは…

    これはこれは、大切なブログスペースを使っていただき…

    私如きのコメントにありがとうございます…!

    そうですねぇ…

    クローン病に対する最強の治療とも言える絶食…

    絶食に裏切られたのでは、身も蓋も在りません…

    だから、私は裏切られて悲しい思いをしないように絶食なんて絶対にしません…(嘘)

    ところで…

    普段はついつい忘れてしまっている心の闇…

    ところが、一旦コイツに迷い込むと…

    何度となく経験していても、なかなか抜け出すのが難しい…

    おっしゃるとおり、小さな光でも見つけ出さない限り進む方向さえ検討もつきません…!

    とにかく…

    今、自分に出来る事…

    それは、「受け入れる」事かも知れません…

    「そういうことも、世の中に有るんだ」…

    「こういう人も、世の中には居るんだ」と…

    受け入れてみるしか無いですねぇ…

    そうすれば、心も落ちつき…

    冷静な対応が出来るかも知れません…

    「なんで自分がこんな目に」…

    「信じられない」…

    「許せない」…

    「自分は不幸だ」…

    などという気持ちが有ると…

    現実を受け入れることが出来ずに、悪い感情が強くなり…

    自分をコントロール出来なくなってしまいますものねぇ…

    (クローン病発覚当初も、こんな感じだったかも…)

    まっ、実際には…

    なかなか難しい事なのですがぁ…!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパムを防ぐため画像の通りに入力して下さい。