レミケードでどれくらい抵抗力が落ちるものなのでしょうか?


右目近辺腫れるでコメントを頂きました。

実際には、レミケードでどれくらい抵抗力が落ちるものなのでしょうか?
風邪はひきやすくなりますか?温泉や銭湯には行っても大丈夫なのでしょうか。

実際投与されている患者なりの答えです。私は温泉や銭湯へ何度も行っていますが今のところ大丈夫です。ただやはり共有の椅子等は座らないようにしたりはしています。要はうんこ座りで頭を洗っています。


レミケードも免疫抑制剤?

レミケードは分子標的薬と言います。イムランは白血球のDNAの作用して免疫を抑制します。プレドニン(ステロイド)も体の免疫反応を抑制します。要は全体的に免疫を抑制します。免疫と言っても色々とあって。要は白血球なのですが、その中には単球とリンパ球と顆粒球があってまたそれぞれのパートがあります。レミケードはその中にあるTNF-α(腫瘍壊死因子)をだけをブロックします。よって温泉や銭湯で感染するような細菌類と戦うのはまた別の免疫なのでそれ程、心配はいりませんが、それでもウィルス等や結核には注意が必要なようです。

同時にマクロファージの働きも

ただ同時にTNF-αを産生されないようにマクロファージの働きも抑制されてしまいます。マクロファージは病原体(ウイルスや細菌)が侵入してきた際に、それをすぐに食べ分解→病原体の情報をヘルパーT細胞に伝えて戦闘態勢に入ります。要は司令塔みたいな役割をしているのでこいつの動きが悪くなると少し心配ですね。よって人混みや風邪が流行る季節はマスクをするとともに、インフルエンザの予防注射をするべきだと思います。風俗へ行ったりとかリスクの高い行為は避けたほうがいいでしょうね。

プレドニン

プレドニンはかなり免疫力が落ちる気がします。傷が治りにくかったり、風邪が治りにくいとか。しかしレミケード単体ではそのようなことはあまり感じませんが、男性があまりかからないとされる膀胱炎になったことがあります。もちろんそのようなことになる風俗や行きずりの女性とそのような行為をしたわけでもありません。なのに膀胱炎や尿道炎になりました。普通は3日間も点滴に通えば治ってくるところを10日間近く通いました。要はクローン病と言うだけでおかしなことになっているので日常生活は注意をしたいものです。


最終更新日: 2011年11月19日 all6,074hits.weekly36hits.


ブログランキング参加しています。

ブログランキングでは同じクローン病と闘っている方のブログがたくさんあります。是非ともお立ち寄りください

日本ブログ村へ投票 人気ブログランキングへ投票

“レミケードでどれくらい抵抗力が落ちるものなのでしょうか?” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*