ネオマレルミンTR錠6mg効かず-クローン病 皮膚症状110822


昨日の夜から投入を始めたネオマレルミンTR錠6mgですが、

イマイチ効かず。

アンテベート軟膏とアズノール軟膏の自転車操業でなんとか抑えていますが、抑えきれない。
特に脚が酷いことになって来ました。「小さなお子様にはお見せにならないで下さいませ」状態なので写真は自粛。

とりあえずステロイド軟膏は効いてくれています。クローン病の腸もステロイド軟膏が塗れたらいいのにな。

潰瘍性大腸炎ではステロネマ注腸やリンデロン座薬などの直接肛門から入れるステロイドがあります。
腸粘膜に直接的でかつ局所的に使えるので、プレドニン等の飲むステロイドよりは副作用を最小限に抑えるという面では有利です。

でも小腸は肛門からは遠すぎるのでこれらの薬は使えません。



ちょっとヤバい

思ったより派手になって来た皮膚症状。このまま全身にくまなく拡がって、抗アレルギー剤が効かないとなると、残るはプレドニンしかない。となると念のために皮膚科に指示を仰ぎに行かなきゃならない。時間がないなぁ。でもいざと言う強い味方のプレドニンカードはクローン病の悪化の時に切りたい。でもこの痒みマジでメゲそう。


最終更新日: 2013年1月31日 all877hits.weekly4hits.


ブログランキング参加しています。

ブログランキングでは同じクローン病と闘っている方のブログがたくさんあります。是非ともお立ち寄りください

日本ブログ村へ投票 人気ブログランキングへ投票

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*