クローン病の鍼灸治療


鍼灸治療をやってみる

今日はいつも日常通っているクリニックのリハビリ科に新しい鍼の先生が来た。主治医も一度相談してみたら?って言ってくれたので早速行った。今まで鍼は何回か受けたが今回は少し違う。手首あたりで脈を見ながら打っていくのである。鍼の先生はクローン病の症例を施術するのは初めてで是非ともさせて欲しいと言っていました。

鍼灸でクローン病は治るとは思わないけど

もちろん、難病であるクローン病が鍼灸治療で一発で治った!と言うのはあり得ないと思っています。クローン病が治るツボがあるのなら教えて欲しい。しかしクローン病の再燃因子とか悪化を予防できる効果はもしかしてあるのでは?とか思ったりもしました。クローン病が鍼灸でどのような働きをするのか?はとやかく言う前に自分で体験した方が手っ取り早い!と言うことで鍼灸治療を受けてみることにしました。


治らないまでも症状が軽減!?

鍼灸師の先生と最初に色々と問診のようなことをする。そして疲れ、熱、消化器、腎臓、ストレス、風邪のツボを丁寧に鍼を打っていく。時間にして約2時間。普通の人の約4倍です。


少し左側の腸の張りを取りますということで背中に一本打った時にスーッと張りがひいたときは一瞬手ごたえを感じました。


確かにこれはすぐに体感出来ました。つまり気味ようなお腹の張りが軽くなりました。鍼灸治療もまんざら捨てたものではありませんね。クローン病そのものは治すことはできませんが、クローン病からくる腸の張りとか微妙な痛さとかは対処できると思いました。

身体のバランスを整える

鍼灸は身体のバランスを整える目的では非常に効果的だと感じました。やはり身体のバランスの乱れがクローン病を悪化させている要因であるかも知れません。また炎症性腸疾患は難しいかも知れませんが、過敏性腸症候群の下痢には鍼灸治療に効果があるようです。
鍼灸治療そのものがクローン病を治すと言うよりは再燃までを遠ざける補助とか、また再燃から緩解への時間の短縮の効果は鍼灸治療が手助けができる部分かも知れません。

西洋と東洋の併用

鍼灸治療は東洋医学です。現在のクローン病の標準治療は西洋医学ですがお互いの弱点を補い会えたらいいなと思います。鍼灸治療も主治医が理解して医療保険がきけば500円程度でしっかりとした鍼灸治療をやってもらえます。そうはいかない場合はやはり1回3,000円程度はかかります。
興味がある方は一度試してみるのもいいかも知れませんね。

皮膚瘻(疑惑)小康状態

お腹の皮膚瘻疑惑のデキモノの大きさは昨日と変化なし。なんか治りそうな雰囲気。です。このまま消え去ってくれればいいのですがなかなかとそうはいきませんね。もう少し様子をみましょう。


最終更新日: 2017年1月29日 all328hits.weekly0hits.


ブログランキング参加しています。

ブログランキングでは同じクローン病と闘っている方のブログがたくさんあります。是非ともお立ち寄りください

日本ブログ村へ投票 人気ブログランキングへ投票

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパムを防ぐため画像の通りに入力して下さい。