掌蹠膿疱症が派手に侵攻中-体記110416


いきなり気味の悪い画像を載せてすみません。ってことで足の裏の膿胞です。こんなのが足の裏に一気に出来ています。歩くの痛いです。現在は左足の裏の方が酷いですが、右足の裏も指のあたりから出始めています。片足だけだとかばいながらビッコひいてでも歩けるけど両足になるのは反則だと思います。膿胞と膿胞が合体して大きな膿胞になり破けて皮の下の皮膚が露出すると沁みるような痛さが。


掌蹠膿疱症

掌蹠膿疱症の原因は金属アレルギーとか扁桃腺炎とか諸説言われております。またクローン病を合併するとも言われています。要は同じ自己免疫疾患なんでしょう。ってことは私はクローン病に合併した掌蹠膿疱症となりますが、実は発症してからレミケードをするまでは掌蹠膿疱症は出ていませんでした。

レミケードの副作用に

レミケードの副作用に掌蹠膿疱様皮疹とか乾癬様皮疹というのがあります。掌蹠膿疱症のような皮疹が起きたり乾癬のような皮疹が出来たりするのです。私は掌蹠膿疱様皮疹と乾癬様皮疹と両方にあてはまるのでタチが悪いですね。それもレミケードを投与した直後悪化するのならばわかるのですが、今までを振り返るとレミケードの効力が切れ始める5週目あたりからお腹の不調とともに出てきます。もうわけかわらんですね。

だましだまし

でもしばらくは昨年末あたりからか?掌蹠膿疱症は落ち着いていて乾癬のような皮疹もマシになっていました。暖かくなって出てきやがったのかも知れませんが。(ヘビちゃんやカエルちゃんじゃないんだから。。。)、うまくやればコントロールできるかも知れませんので軟膏とか織り交ぜつつだましだましいきます。


最終更新日: 2011年4月16日 all3,404hits.weekly1hits.


ブログランキング参加しています。

ブログランキングでは同じクローン病と闘っている方のブログがたくさんあります。是非ともお立ち寄りください

日本ブログ村へ投票 人気ブログランキングへ投票

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパムを防ぐため画像の通りに入力して下さい。