守口敬仁会病院へクローン病患者さんへお見舞い-同志よ080506


近畿自動車道-時事戯言!炎症性腸疾患(クローン病)今日は同じクローン病で大阪は守口市に入院している方のお見舞いへ行きました。晴れた空、5月の風は気持ちいいです。この季節の高速道路は本当に気持ちがいいです。


たっぷり話した

守口敬仁会病院-時事戯言!炎症性腸疾患(クローン病)14:30~19:30 頃までお話をしていました。この方は小腸全体に潰瘍があり、また所々に狭窄があるため、在宅でIVH(HPN)をしなくてはなりません。向こう半年は完全絶食でエレンタールは2本/日です。その後、外科的処置をするかそのままHPNで維持するか決めるそうですが、手術をしても食べることができるかどうかは大変微妙な状態であるとのことです。クローン病は本当に厄介な病気でかつ千差万別です。もちろん私も同じクローン病患者なのでひとごとではありません。この先上手くいくことをお祈りしています。

(2008年12月現在)
注:この方はその後レミケード治療が奏功して私と食事に行けるようになりました。今では私よりガンガン食べれるようにまでなりました。当初は全小腸が使い物にならないくらい炎症を起こしていると言われて途方に暮れていましたがレミケードが思いのほか効いたようです。



最終更新日: 2013年2月2日 all680hits.weekly4hits.


ブログランキング参加しています。

ブログランキングでは同じクローン病と闘っている方のブログがたくさんあります。是非ともお立ち寄りください

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ 人気ブログランキングへ投票

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパムを防ぐため画像の通りに入力して下さい。