通院そしてレミケード15回目-通院110201


予定通りにお昼から通院アンドレミケード。いつもかなり早めにクリニックに入る迷惑な人間です。昼飯時を襲う不届き者です。だからたまに弁当か何かをレンジでチン!したいい匂いが漂ってたりもします。そして、事務員のお嬢さんに色々と話を聞いてもらう。まるで寂しいおっさんじゃないか!。で今度は看護師さんにいろいろ話す、そして先生にも。。事務員のお嬢さんは私のブログを読んでくれているようでコロッケパンの悪事とかすべてバレていました。先生には内緒だよ。


先生悩む

レミケード投与後の前半はどちらかと言うと狭窄系、で後半は下痢になる。そしてエレンタールで少しマシになる。少し腑に落ちない顔をされていた。それもそのはずです。後半こそ「何も食べないぞ!作戦」でしたが前半の年末から正月明けまで散々食った悪事や朝マック3個食べとかポテチ一袋食べとか要所要所での武勇伝をお伝えした。さすがの伊藤先生も苦笑いしながら「少し食べ物調整してみましょう」とおっしゃてたよ。もちろん看護師さんも困った笑い。「伊藤先生!安心して!あなたの治療戦略は間違っていません」。間違っているのは私です。。。

下痢とまる

下痢?ほぼ止まった。寒気?なくなった。倦怠感?なくなった。レミケードを点滴する前に前処置としてステロイドを点滴します。きっとこれが炎症に効くのだろうな。でもこのステロイドは代謝が早いと思うのでここでお調子に乗って食べると痛い目に遭います。マトモに食事をするのはレミケードが効き始めてからですね。

ご注意
この記事は私の主観的な部分で掲載されていることもあります。クローン病やその他の病気は個人差があります。よってこの記事は参考情報程度にとどめて頂き、主治医や薬局、薬剤師の指示や判断でお願いいたします。

最終更新日: 2017年7月1日 all526hits.weekly3hits.


ブログランキング参加しています。

ブログランキングでは同じクローン病と闘っている方のブログがたくさんあります。是非ともお立ち寄りください

日本ブログ村へ投票 人気ブログランキングへ投票

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパムを防ぐため画像の通りに入力して下さい。