掌蹠膿疱症はどうなった?-問合110110

年末に頂いたお問い合わせ。しばらく放置でしたすみまん。「最近は掌蹠膿疱症の具合はいかがですか?」と言う内容。です。どうもありがとうございます。掌(てのひら)は写真をご覧のとおり綺麗?な状態です。皮がめくれたりもしていません。手だけを切り取ってバックを黒にすると少し気色悪いですね。で手はこんな感じですが足はどうかと言うと。


爪がボロボロ

足ですが親指の爪がおかしくなっています。最初は爪白癬(爪の水虫)?と思いましたが、実はそうではなく、爪を作る細胞が炎症か掌蹠膿疱症の影響でおバカになっていて変な爪が生えてくるのではないか?と言うことになっています。よって今は親指にフルメタ軟膏10%サルチル酸ワセリンを塗っています。クローン病の影響か?レミケードの影響か?はわかりません。とりあえずレミケードの影響だとしてもこの程度は許容範囲なのでレミケードは継続していきたいと思っています。

足の裏もガサガサ

足の裏はガサガサで乾燥しまくりです。しかし掌蹠膿疱症っぽい症状は出ていない感じがしますが、少し皮が剥げて醜くなっている部分は掌蹠膿疱症が出ているのかも知れませんね。ワセリンでも塗りまくってツルツルでいてスベスベな足の裏を取り戻そう。

乾癬のような症状も消えています。

今は尋常性乾癬や膿疱性乾癬のような症状は出ていません。クローン病の治療に使っているレミケードの副作用?との疑いもありましたが、レミケードは尋常性乾癬や膿疱性乾癬の治療にも使える薬です。ただレミケードの投与を機に尋常性乾癬や膿疱性乾癬が悪化したり発症することもあるそうです。人間の体って本当にわからないですね。

最終更新日: 2011年1月10日 all1,764hits.weekly12hits.


ブログランキング参加しています。

ブログランキングでは同じクローン病と闘っている方のブログがたくさんあります。是非ともお立ち寄りください
日本ブログ村へ投票 人気ブログランキングへ投票

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*