クローン病の原因


クローン病は原因不明の病気です。現在のクローン病の学問では原因は特定されていません。

難病センターのサイトで調べてみると

クローン病の原因として、遺伝的な要因が関与するという説、結核菌類似の細菌や麻疹ウイルスによる感染症説、食事の中の何らかの成分が腸管粘膜に異常な反応をひきおこしているという説、腸管の微小な血管の血流障害説などが報告されてきましたが、いずれもはっきりと証明されたものはありません。最近の研究では、なんらかの遺伝的な素因を背景として、食事や腸内細菌に対して腸に潜んでいるリンパ球などの免疫を担当する細胞が過剰に反応して病気の発症、増悪にいたると考えられています。

だからなんだんだ!?

ですね。でもクローン病患者としては原因もクソもいいからこの苦しさから解放してくれ!ですね。でもいまさらクローン病の原因がわかったとしても治らない気がする。この薬を飲んだら治ります!とか、この点滴をしていれば治ります!ってそんな簡単じゃないでしょうね。この世の中に原因がわかっていても治せない病気はいくらでもありますからね。


ファストフードが好きだった

それでも原因を探ってみよう。そういえば小さい時からファーストフードは大好きだったし。ポテトチップスとかスナック菓子も大好きだった。中学生や高校生になっても練乳とかマーガリンやバター系も好きだった。カップ麺の王者だった。この食生活がクローン病のスイッチをオンに下のだろうね。

アレルギー性鼻炎だった

そういえばずっとアレルギー性鼻炎だった。高校生の頃からだったと思う。このアレルギー体質がクローン病の原因の一つかも知れませんね。原因と言うか要因かな。アレルギーにも閾値があってある一定の量を超えると本格的に発症するらしいので、いけない物質が腸に溜まって超えたのか?そしてクローン病として発症する。だから食べなければマシになる。確かに。

そう考えると

そう考えるとクローン病の原因は「反応する何か?」がきっと腸とかにいるのでしょうね。それがウィルスなのか?菌なのか?はたまたアレルギーのような物質なのか?。考えても仕方がないのでここは変な反応を起こさないようにひたすら絶食か?。クローン病のみなさん、確かに原因を知りたいでしょうが結局のところ原因がわかってもどうすることも出来ないわけですので、なんとか食事の制限等々で酷くならないようにクローン病を乗り切りましょう。

体調記録

久し振りに体調記録
旅行中に普通に食べていたのと、連休中でもあり食事制限を緩和しています。下痢かと思いきや普通便になり(それも結構長い、もちろん細いですが)、S状結腸に狭窄がある私には結構それがきつい!出し切るまでに40分ほどトイレで格闘していました。

やはり私はエレンタールやラコールで少々軟便気味の方がいいかも知れません。


最終更新日: 2017年5月21日 all272hits.weekly7hits.


ブログランキング参加しています。

ブログランキングでは同じクローン病と闘っている方のブログがたくさんあります。是非ともお立ち寄りください

日本ブログ村へ投票 人気ブログランキングへ投票

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパムを防ぐため画像の通りに入力して下さい。