膀胱炎は一旦終了-体記101130


膀胱炎シリーズは一旦終了。完治したわけではない。まだなんだかかムズムズしている。また具合が悪くなってきたら始めます。膀胱炎落ち着きを見せたけど、クローン病はイマイチな感じです。なんかお腹が痛いと言うか。そう言えばレミケード、イムランを開始してからペンタサって飲まなくなったな。今はペンタサ500mgってのあるらしいけど。私はやはりこだわりの250mgだな。と言うことでペンタサ250Tシャツを1名様にプレゼント(嘘です)。これで街を歩けばクローンなあのコも潰瘍性大腸炎なアイツも声をかけてくるぜ!


11月も終わり

11月も一瞬で終わってしまった。早い。と言うかもう一年が終わる。めっきり寒くなって来ました。今朝の大阪泉北は6度でした。やっぱ6度は寒いね。車通勤なんですが、屋内駐車なので夜遅くに帰ってくると余熱で車内は朝でも15度近くあるのであまり寒さは堪えないです。

ご注意
この記事は私の主観的な部分で掲載されていることもあります。クローン病やその他の病気は個人差があります。よってこの記事は参考情報程度にとどめて頂き、主治医や薬局、薬剤師の指示や判断でお願いいたします。

最終更新日: 2010年11月30日 all473hits.weekly0hits.


ブログランキング参加しています。

ブログランキングでは同じクローン病と闘っている方のブログがたくさんあります。是非ともお立ち寄りください

日本ブログ村へ投票 人気ブログランキングへ投票

“膀胱炎は一旦終了-体記101130” への4件の返信

  1. はじめまして。
    自分は潰瘍性大腸炎ですが、診断されるまでに原因調べてた際、ここに辿り着きました。
    北海道のIBD会にも出たいのですが地方なので出れず。いろいろ日記拝見して勉強してます。
    ところで…この日記のペンタサTシャツは何処に行けば売ってますか?
    買いに行きたいので分かれば教えて下さい!

  2. takuさんはじめまして

    残念ながらこのペンタサTシャツは非売品です。と言うか私がCGで造りました。。。原版はあるのでアイロンプリントなら出来るかも知れませんね。 🙂

  3. 拝啓

    突然のメールをお許し願います。私、米国の翻訳会社、コーポレットトランスレーションの長谷川と申します。今回は、グーグルでホームページを見つけた後、ご連絡差し上げました。

    この度弊社では、米国の某製薬会社からの依頼により、日本での治験に使用されますクローン病の質問票を翻訳をいたしました。

    そして、その最終段階といたしまして、和訳いたしました質問票がクローン病を患う方々に正確にご理解頂けるか、電話インタビューを介して一行ずつご自分のお言葉でその文を復唱していただく、「認知ディブリーフィング」を行うこととなりました。

    つきましては、弊社の認知ディブリーフィングにご参加頂き、クローン病質問票の全体的改善を図りたく存じます。質問票は計2ページございますので、電話インタビューは約1時間半を予定いたしております。ご参加いただいた方には感謝の意として、4千円の礼金をご用意いたしております。

    ご多用中大変恐縮ではございますが、何卒ご高配賜りたくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*