滋賀県雄琴温泉旅行で近江牛のすき焼き食べる-クローン病旅行101021


10月17日と10月18日は会社の会合関係で泊まりがけで滋賀県は雄琴温泉に行ってきました。雄琴温泉と言えば琴線に触れる殿方もいらっしゃるのではないでしょうか?泊まりがけと言えば宴会!、宴会と言えば豪華絢爛な料理ってことで。もちろんクローン病の私にとって豪華絢爛過ぎるのは腸にかなりの負担がかかります。おまけに少し前にプレドニン(ステロイド)を離脱したばかりなのにこんなことでいいのでしょうか?レミケードを過信してプレドニン(ステロイド)におぼれたクローン病患者ブログになってしまいそうです。


やはり調子が悪くなった

宴会で色々と料理が出ました。近江牛のすき焼きとか、とか刺身とか焼酎とか。そりゃ調子悪くなりますって。18日はそこそこお腹が張って痛かったです。その後は痛くなくなりましたが。下痢気味と言うより、粘血便に近いものが出ています。レミケードがそろそろパワーダウンか!?まだ派手に下痢はしていませんが時間の問題だな。

雄琴の夕暮れ

日が沈んでくるとあちこちのネオンが煌めいてきます。一体あのネオンなんなんだ!?そうです俗に言う、女の人が裸で接待をしてくれる所です。好きな人はドキドキワクワクでしょう。でもレミケードそしてイムラン、プレドニン離脱したてホヤホヤな私がそんなとこへ行くと、きっとイタいことになりそうです。(健康でも行きませんが。。)
大人しくゆっくり温泉につかって時間を楽しみました。お酒を飲んだのは久しぶりです。やはり微妙に酔うと心地がいいものですね。と言うことでお腹に厳しい3日間でした。


最終更新日: 2017年7月1日 all413hits.weekly1hits.


ブログランキング参加しています。

ブログランキングでは同じクローン病と闘っている方のブログがたくさんあります。是非ともお立ち寄りください

日本ブログ村へ投票 人気ブログランキングへ投票

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパムを防ぐため画像の通りに入力して下さい。