小腸造影検査決定-クローン病 通院100727


今日は診察に行きました。CRP 1.2と炎症の数値は順調に下がってきていましたが、やはり4週目を超えたあたりから不調が顕著になりレミケードの効き目がイマイチと言うことで。昨年の状況からのクローン病の病勢の再評価と言うことで8月の中旬に小腸造影をすることになった。プレドニン(ステロイド)も効いているのでレミケードは来週投与となりました。


検査はつきものだね

小腸造影検査か。クローン病患者にとってはそこそこ辛い検査なんですね。
大腸内視鏡も辛いけど小腸造影検査も辛い。なんでこんな辛い検査ばかりなんだ。

でも鼻からゾンデを入れるのではなく、口からガストログラフィンを飲んで小腸造影するって言っていたな。確かに口から飲むのはいいのだけどガストログラフィンは激しく苦くて不味いんですよね。吐きそうになるのを耐えるのが辛い。



レミケード1年

レミケード投与して1年。ここで昨年のように口側に大きな拡張が見られるのであれば、線維化した狭窄が邪魔をして今のような状況になっているのであれば手術で解決した方が今後のことを考えていいのではないか?と言う話になった。

昨年の今頃

確か昨年の今頃はあまりにも狭窄部分が苦しくて、いっそのこと手術で解決してくれ!って思っていましたが、今は痛さはあまりありません。そうなってくるとなかなかと手術に踏み切る決断も鈍ってきます。どちらにせよ緊急性はないのでよく考えて答えを出します。

特定疾患医療受給者証

クリニックの帰りに特定疾患医療受給者証の継続申請に行ってきました。そういえば運転免許の更新も来ていたなぁ。行かなきゃ。


最終更新日: 2013年2月3日 all852hits.weekly4hits.


ブログランキング参加しています。

ブログランキングでは同じクローン病と闘っている方のブログがたくさんあります。是非ともお立ち寄りください

日本ブログ村へ投票 人気ブログランキングへ投票

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパムを防ぐため画像の通りに入力して下さい。