急性腹膜炎の緊急手術が終わる-クローン病 手術070412


準備やなんやらで手術室の入ったのは04月12日の明け方だったと記憶している。麻酔医に今から麻酔導入しますから「マスクを口にあててください」言われた瞬間、正直ホッとした。これで眠れる、この苦しみから解放されるんだ!と


違う苦しみ

遠くの方で金属がカチャカチャなる音が聞こえ出したなと思った瞬間、猛烈な腹部に痛みを感じた。そう手術が終わり麻酔から醒めた瞬間である。手術前の痛みとは違い、術創の焼けるように痛みである。そのままICUへ搬送された。これですべて終わりではなかった。

ICU?

お腹を開けた結果は狭窄部から穿孔し腸間膜に膿瘍が出来てそれが破裂して膿がお腹にまき散らされたとのこと。。腹膜炎を併発しており、敗血症も併発している。状況があまり良くないのでICUに入れられた。それにしても創が痛い。けど体の状況が良くなく時折、意識が無くなったようになるのでよく解らない状況でした。


最終更新日: 2013年2月2日 all1,483hits.weekly3hits.


ブログランキング参加しています。

ブログランキングでは同じクローン病と闘っている方のブログがたくさんあります。是非ともお立ち寄りください

日本ブログ村へ投票 人気ブログランキングへ投票